個人事業主(フリーランス)のweb制作会社の特徴

フリーランスでも安心して依頼ができる

web制作をしてくれる所は、大きく分けると制作会社と個人事業主の2つになります。個人事業主とはフリーランスとしてweb制作を請け負っている人のことで、webサイトを制作するという意味では、制作会社も個人事業主も変わりはありません。フリーランスは制作会社よりも小規模なため、不安に感じる人もいるでしょう。しかし、フリーランスであってもしっかりとweb制作をしてくれるので、特に問題はありません。フリーランスの特徴としては、ひとりですべてを請け負っている場合が多く、例えば、クライアントとの打ち合わせからデザイン制作、コーティングなど、通常の制作会社だと分担をするような作業をしています。そのため、フリーランスとして活躍している人は、webに関する知識を幅広く持っていないと成り立ちません。

意思疎通が簡単で納期が早くなる

web制作会社とフリーランスでは、意思決定のスピードに違いがあります。web制作会社の場合は、クライアントとの打ち合わせはディレクターなどが行い、クライアントの意向などをwebデザイナーなどに伝えて制作をしていくので、ディレクターはクライアントとデザイナーとの橋渡し役で納期などの時間調整もしていきます。そのため、何か変更点などがクライアントから伝えられると、ディレクターはデザイナーとの調整をしなければいけなくなり、意思決定が敏速に行えません。しかし、フリーランスであれば、すべてをひとりで請け負っているので、クライアントから変更内容などを伝えられても、その場で修正できたりいつまでに完成できるかなど、納期などをすぐに伝えられたりします。その結果、web制作会社と比べると意思疎通が簡単になり、納期も早くなる特徴があります。

ホームページ制作会社では依頼主の様々な要望に対応しています。費用はお手頃となっていて、納期も短いのが特徴です。